2014年12月24日

恋人のいない男子大学生が過ごしたクリスマス・イブの一日 その2

5535847324_691d8a2b5d.jpg

やあ、クリスマスイブだね。
早速だが、わたしが去年のクリスマス・イブに書いた記事から一部文章を引用する。

わたしたちがクリスマスに恋人がいないことを嘆くのは、「俺(私)はこの一年間なにをやっていたんだ」と自分の生き方を顧みる瞬間にどっと後悔が押し寄せてしまうからなのでしょう。
とくに毎年ソロ活動に励んでいる独身組は「同じ過ち」を繰り返していることに落胆しているのです。


現状に、過去のわたしの言葉が一切の遠慮もなく突き刺さる。投げたブ−メランがキ○タマにあたったかのような衝撃。
結局わたしは、去年と同じように独身状態を余儀なくされているのだ。ひとつ強がるなら、今年ずっと恋人がいなかったわけではないのだけれど。

今年は去年よりも様々な学びがあったので、「来年こそは恋人とクリスマスを過ごすことができそうだ」と、控えめに胸を張って言える。

せっかくクリスマスなので、今日は「愛」について書いてみようじゃないの。続きを読む
posted by TZ at 23:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

大学生って休んでばっかりやな


本日をもって、我が大学は冬休みへ突入する。
後期は一日に入れている講義数が1コマか2コマしかないため、恐ろしい勢いで毎日が消費されていくような感覚だった。講義数が減っていく事で、友人たちと顔を合わせる時間も少なくなっていく。そして世界は寒さを増していき、それが謎の孤独感を強めていく。なんだか切ないな。

一年生の頃は、慣れない大学生活に悪戦苦闘しながらも、なんだかんだでワイワイ楽しくやっていたように思う。新鮮な大学生活をもう一度味わいたい。だだっぴろいキャンパスを迷いながら歩き回っていた日々よ。友人たちの目の輝きは日を重ねるごとに失われていき、まばゆいばかりの輝きを放つ一年生をみて拒否反応を起こすようになった。どれだけ過去を懐かしんだところで時間は巻きもどりはしないのだから、今からできることを考えていくしかないんだ。自分自身に問いかけていくことを習慣化し、出来る限りで行動するしかない。「もっと大学生活を楽しむにはどうしたらいいんだろう」と問いかけて、浮かんだヒントを掴んでいくしかない。

それはそうと、大学の休みについてスゴイことが判明した。続きを読む
posted by TZ at 22:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

人間関係に必要なのは「ありのままの姿見せるのよ」のレリゴー精神である

「なぜか人に好かれる人」の11の法則

ミシェル・ティリス・レーダーマン 日本経済新聞出版社 2012-03-23
売り上げランキング : 408576
by ヨメレバ

人間関係に悩みがつきないのは、自分自身を偽っているからではないだろうか。
嫌われないために、集団に波風をたてないように、過剰なまでに人に好かれようとするがために、人間関係に疲れてしまう。
どうすればその悩みは解消されるのか。その答えは有名な曲のワンフレーズにある。

「ありのままの姿みせるのよ ありのままの自分になるの」続きを読む
posted by TZ at 19:02 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

「少しで良いから毎日コツコツ頑張る大切さ」が一目でわかるたった一枚の画像。


継続は力なり。
知ってはいても、分かっていても、努力を継続して積み重ねるのは難しい。
ついつい、今日はダルいから面倒くさいからと言い訳をしてはブログの記事更新をサボるわたしに、地味ながらも強烈に喝を入れる画像を発見した。みなさまにも是非見てもらいたい。続きを読む
posted by TZ at 22:13 | Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

嫌な感情は「押し殺す」でも「無視をする」でもなく、「認める」ことで消えていく

5362823597_8d1d09713b.jpg

感情を上手く扱えないばかりに、人はとにかく悩みに悩む。
「悩み」のトップに君臨するといわれている人間関係の悩みは「怒り」や「嫉妬」などが主な原因としてあげられるだろう。そういった感情を「押し殺そう」としたり「無視しよう」としたりすると、ストレスから身体に不調が表れ、時に「うつ」になってしまうこともある。
人間は感情の生き物だから、都合よく「負の感情」のみを消し去ることはできない。ということは一生をかけてうまく付き合っていくしかないということになる。

あまり知られていないが、負の感情というやっかいな心の住人は「認めてあげる」とカンタンにどこかへ行ってくれる性質があるようだ。続きを読む
posted by TZ at 23:50 | Comment(0) | 思考法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...