2014年07月08日

花ちゃんがあまりにも可愛すぎた『監獄学園』8巻 感想

監獄学園(8) (ヤングマガジンコミックス)

平本 アキラ 講談社 2013-05-02
売り上げランキング :
by ヨメレバ

マンガが視覚に訴えかけてくるインパクトは凄まじい。

『監獄学園』(プリズンスクール)第八巻は名作でしたね。花ちゃんがあまりにも可愛すぎた。続きを読む
posted by TZ at 23:14 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

おっ○いではなく、なぜ尻を愛するのか?『監獄学園』7巻 感想

監獄学園(7) (ヤングマガジンコミックス)

平本 アキラ 講談社 2013-02-06
売り上げランキング :
by ヨメレバ


いやぁ相変わらずバカバカしい。

裏生徒会のDTO(男子退学オペレーション)により、退学への窮地へと追い込まれたキヨシ達。
自分たちが裏生徒会によってハメられているという事実を学園長へと突きつけるべく、看守質へと忍び込むガクト。
証拠をつかむための稼ぎとして、驚異的な身体能力を持つ副会長の白木芽衣子へ「腕相撲」の勝負をしかける男子たち。
続きを読む
posted by TZ at 23:21 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

平本アキラ『監獄学園(プリズンスクール)』というエロコメディ

image.jpg
皆様おひさしぶり。
ひさしぶりに見てくれているような読者がいるのかどうかも怪しすぎるこのブログ。
一か月近くの休止タイムを経て今宵、完全復活(今後も更新するかどうかは定かでない)。

さて、今日記事を書こうと思ったのは他でもない、ずっと読みたいと思っていた平本アキラ先生の
『監獄学園』を購入したのがきっかけだ。

伝統ある全寮制の女子高、私立八光(はちみつ)学園。
このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。
しかし入ってきた男子はたったの五人。そのうちの一人、藤野清志は女だらけの環境に胸躍らせていた。
その先に驚愕の未来が待っているとは知らずに・・・・・・。

続きを読む
posted by TZ at 22:31 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...