2014年11月15日

モテたいのなら、これを読んで行動しとけばなんとかなると思う

モテ・バイブル (中経の文庫)

藤田 サトシ 中経出版 2013-01
売り上げランキング : 240316
by ヨメレバ


完全に男性向けのモテ本。なかなか良い本だったよ。
これさえ読んでおけば、今まで自分が恋愛で失敗してきた理由が分かる。どうすれば女性に愛されるのかも分かる。
自信、ファッション、トーク、「合体」までの理に叶った流れ。間違いなく実用的で、購入する価値がある。
読んでいて一番おもしろかったのは、「女性はセ○クスをしてから恋愛モードに入る」という教えだった。
続きを読む
posted by TZ at 16:18 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

モテるためには、マイナスをゼロにする努力をすれば良いのかも


男なら誰でも、一度は「モテたい」という願望を抱く。
そして幾度となく、イケメンが恋愛という名の戦場で戦果をあげているサマをみては「どうせ世の中顔なんだ」と嘆き悲しんで生きてきた。
その敗北感は一種のトラウマとなり、「どれだけ頑張ったってイケメンには勝てない」と努力を放棄するようになる。

ここで一つ言えるのは、「負けを知った男」には二種類いるということだ。
負けっぱなしで死んでいくオトコと、負けから学び立ち上がっていくオトコ。

まずは立ち上がってスタートラインに再び立たなければならない、それはつまり、マイナスをゼロにするということだ。
今回は自戒を込めて、モテない君がやるべき努力について書いてみる。
続きを読む
posted by TZ at 22:15 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

取り柄のない男でも、トム・クルーズよりモテるようになれる方法。

5995761172_e23a526339.jpg


LOVE理論



この本を女の子にみせたら大変なことになる。読んでいることすら知られたくない。女の子は、読んじゃダメ。
それだけの魅力が、この本にはある。全国のモテない男子必読の書。女子禁制のモテ理論がさく裂しています。

私は基本的に新品の本を買いません。読書が好きなのでたくさん本を買うのですが、基本は中古。一日一冊新書を購入していたら月3万円は確実にかかります。不可能ではありませんが学生にはちょいと厳しい。
ですが今回はパラパラと読んだだけで気が付くとレジ前に突っ立っていたレベルにおもしろかったので、そのまま購入して読みふけりました。文体は軽くてくだらないジョークが連発されているのですが、これがまた勉強になるんだなあ。


続きを読む
posted by TZ at 21:16 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

モテるために一旦下がってみる計画

image-cf8b1.jpg
私がこの計画を思いついたのは、無造作すぎる自分のボサボサヘアをジメジメとねっとり眺めていた時だ。目の前に生気の無い寝起きフェイス。

ふと閃いた。
一旦不潔感丸出しにしたらモテるのではないかと。

私の計画を具体的に言うとこうだ。
まず、二ヶ月の春休みは髪を切らないことにする。そして、手入れされたそれとは違う、ボッサボサで毛量の多い、重苦しいロン毛ヘアーを目指すのだ。普段はショートからミディアムの、ノンパーマ黒髪ヘアなのだが、思い切って「あえて汚く」髪を伸ばす。

春休みが終わり、私の姿を見た友人はきっとこう言うだろう。
「どうしたん」と。
清潔感の無い男性がモテることはまずない。だからこそ、一度不潔感を全員にアピールする。そりゃもう誰もが「お前髪切れやうっとうしい」と思う位に。

もともと短髪派の私は、その汚らわしいクソ無造作ロングキモヘアーを気に入らない限り、いつでも断髪する覚悟を持っている。

全員が内心「○○(私)の髪型は気持ち悪い」と感じたところで、綺麗さっぱり整えて、ついでにファッションも変える。誰もが私を.良い意味で「変わった」と感じることだろう。

確かにこの方法は少々危険だ。下手をすれば「生理的に無理な奴」というレッテルを貼られかねない。しかし、やるだけの価値はあると感じている。もう「セカンドど○てい」なんて呼ばせない。私は変わるのだ。何人たりとも私を止めることはできないのだ!ハハハハハハハハハハハハ!!!

はぁ。


posted by TZ at 23:42 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

女性が口にする「生理的に無理」という言葉は決して大げさな表現ではなかった。

6188753517_5581ff3356.jpg
人間はほかの動物と同じように、目でみて、鼻で嗅ぎ、舌で味わい、耳で聞いたり皮膚で感じたりして、恋愛対象としての相手を吟味している。人間は、五感で恋をする。
厳正なる審査を無意識に行い、見事「当選」した人にわき出てくるのが恋愛感情である。

人間は、どのような基準で相手を選ぶのか?今回読んだ『なぜ、その人に惹かれてしまうのか』では、これを生物的な観点で解き明かしていく。続きを読む
posted by TZ at 19:04 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

貴女も魔性のオンナに!?売れっ娘ホステスに学ぶ「男心をつかむ」会話テクニック

8359133677_4654ce2bf2_b.jpg
恋愛は騙すか騙されるかだ。
魔性の女と呼ばれるあの人はムカつくくらいに計算高い女か、なるべくしてそうなった才能の持ち主のどちらかだろう。
もしこの記事をよんでいる貴女に「才能」がないのであれば、徹底的に「計算」して後天的魔性の女になってしまえばいいだけのこと。そうすれば、気になるあの男もイチコロだ。

今回は『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』という本から

・「男」という生き物の本質
・男にとって「話しやすい女性」とは?
・聞き上手な女性になるために
・美しさは言葉から
・相手の心に響く「ひとつ上の褒め方」
・男を満足させる駆け引きのコツ


をピックアップし、独自の見解を交えながら要約してご紹介。
カワイイは、つくれる(意味深)。
続きを読む
posted by TZ at 11:00 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

伝説の男・アダム徳永に学ぶ、モテるためにおさえておくべき5つのポイント。

3157660996_6cba6a2c21.jpg
アダム徳永。
かの有名な「スローセックス」「アダムタッチ」を提唱した伝説の男。
数多くの女性とセッションを重ねてきた、正真正銘のモテ男が書いた、モテる心がまえ、技術を学べる本『モテる男の技術』から、
これなら僕にもできる(かも)!と感じたポイントを独断と偏見で選出し、要点をまとめてご紹介します。続きを読む
posted by TZ at 00:19 | Comment(0) | モテるために・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...