2014年11月16日

【料理】バターしょうゆチャーハンをつくってみた


どう考えたってうまくなるフレーバーといえば「バターしょうゆ」。
ちょいと小腹がすいたので、バターしょうゆチャーハンをつくってみた。
※ここから先、何一つとして有益な情報はありません。調味料は目分量で投入しているため、レシピも参考にはならないでしょう。そのうえ画像のひとつも撮っていない始末。それでも先を読むというモノズキさんは続きをどうぞ


続きを読む
posted by TZ at 23:31 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

【英単語の覚え方】遠回りが、意外と近道だったりする。かも。

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

一杉武史 アルク 2012-07-07
売り上げランキング : 7954
by ヨメレバ


英単語を覚えようと、キクタンを何週もしたけれど、定着率があまりよろしくない気がしてきた。
結果にはかならず原因があるはずなので、自分なりに考えてみたところ「やっぱやり方が悪いのかもしれない」という答えにたどりつく。
今までは、短時間でたくさんの単語に触れておこうという考えだったため、

before 単語と意味だけを確認していた

これを、

続きを読む
posted by TZ at 22:34 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

【読書感想文】森見登見彦『四畳半神話大系』

四畳半神話大系 (角川文庫)




「あの時こうしておけば良かったなぁ」
そんなセリフを何度も吐きながら生きてきた。大ケガをした時、恋人と別れた時、自分のギャグがその場にいる全員の感情を底冷えさせた時。過去に戻ってやりなおせたなら、どれだけのミスや後悔を帳消しにできただろうかと悩んだ事もあった。
そんなわたしに救いをくれたのが『四畳半神話体系』。

「どんな選択をしたところで、結果は大して変わらんよ」と、教えてくれたのである。
続きを読む
posted by TZ at 22:19 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

英語を理解するために必要なたった一つの勉強法

3893380518_01584546e9.jpg

ブログのネタとしてなら継続も可能だろうと考え、「毎日洋書を読む」という挑戦をしたものの、一週間で断念。
洋書を読むことがどうしても「苦痛」だったからだ。日本語の本を読むのは好きなのに、英語の本は苦痛。違いは一体なんだろう?
「日本語と英語の違いだろ!」んなこた分かっとる。もっと根本的な問題、それは続きを読む
posted by TZ at 12:00 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

【英語】そもそも、自分が発音できない音を聞き取れるはずがないんです

CDBOOKバンクーバー発音の鬼が日本人のためにまとめたネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)




英語が聞き取れないのは、音のイメージが明確になっていないから。
私たち日本人は英語の音を聞き取ることに苦労する。なんだか耳を通り過ぎていくような、聞き取れなさにやるせなさを感じてしまう。この本を読んでひとつ分かったことがありました。「そもそも発音されていない音もあって、それを聞き取れるはずもない」ということです。リスニングにとりかかるにあたって、わたしはムダな力みを覚えていたのかも。

『バンクーバー発音の鬼が日本人のためにまとめたネイティブ発音のコツ33 』を読んで考えたことを書いてみます。
続きを読む
posted by TZ at 23:21 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

「たとえ話」には説得力がある!?読ませる文章をかくために必要な3つのポイント

4985516042_3c59c14d72.jpg

おもしろいか、おもしろくないか。
インターネットの世界には、数えきれないほどの文章が存在する。この記事もその一つです。
読者を獲得したいのであれば、「おもしろくて、タメになる」文章(情報)を提供する必要があります。「つまらない」と判断したブログをもう一度読みにいくような人間を、わたしは知りません。

今回は、『「超」文章法』という本から、よまれる文章を書くにあたってどうするべきかということを考えていきます。続きを読む
posted by TZ at 18:41 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

めざせネイティブ!上手な英語の発音、コツは「超ゆっくり」にあった。

6214850584_0a4d92d014_b.jpg

ん?なんて???

ネイティブ英語話者の発音を真似しようとしても、細かいところが聞き取れず、結局なんとなくのモノマネで終わってしまうことが悔しかった。発音記号をみて、頭で理解したとしても口がついてこない。
そんな僕を『超低速メソッド英語発音トレーニング』という本が救ってくれそうなので、同じ悩みを持っている人が救われることを願ってここに書いてみる。

続きを読む
posted by TZ at 22:16 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

2013年11月12日

英語のテストできちんと点数を取りたい人へ伝えたい。

book-168824_640.jpg
明日は英語の中間試験。
前期では単位取得にみたない点数だったのを、出会いでカバーしたカタチだった(先生の温情により単位取得)。
今回はその優しさに甘えないよう、きちんと点数をとりたいものだ。

ということで、僕のおさらいを含め、自分が過去に投稿した「記憶法」や「勉強法」に関する記事を掘りおこして紹介。
学習は反復によって成立するのだ!続きを読む
posted by TZ at 19:16 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

【名著】8000人の女性を抱いた男は何を考えて生きるのか?『鷹論。』

6330455020_0b0de3f5aa_b.jpg
加藤鷹。言わずと知れた伝説の男優。
推定経験人数は8000人。男の憧れとして一世を風靡した、一流の男の流儀。

結論から言えば「買ってよかったー!」
一人の「カッコイイおじさん」が、カッコいいこと、考えさせられることをたくさん書き残してくれている、男性必読の一冊。読むフェロモン。
今回は『鷹論。』から、独断と偏見で「心に残った名言」を選んでご紹介。

続きを読む
posted by TZ at 22:27 | Comment(0) | 英語を染み込ませる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。