2018年07月13日

コミュニケーション力を高める考え方。「実際に会う前に想像」しよう。


コミュニケーションが苦手な人(わたしもそう!)の中には「何を話していいのかわからない」と、思っている人が多い。
そういう人ほど「自分が話さなければいけない!」という強迫観念のようなものに苦しめられている。
コミュニケーションに正解はないので、「自分が話すことで会話をリードする」というのも、方法の一つとして間違ってはいない。

しかしながら、「自分が話をして相手を楽しませる」というのは少々ハードルが高い。なので「相手に話させながらもこちらが会話をリードする」ほうが、こちらの使うエネルギーが少なくてすむうえ、相手から好印象を得やすいと個人的には思っている。話が長い人と話を聞いてくれる人、どちらが魅力的か?ということである。
そのために大切なのは、相手に「興味をもって質問すること」だ。

ここで一つ問題がある。質問しようと思うと今度は「何を聞いたらいいのかわからない」という壁に正面衝突だ。
残酷な言い方をすると、そういう人はそもそも相手に「まったく興味を持っていない」のである。
興味がないから、何も聞きたいことがない。だから会話が弾まない。

ようするにコミュニケーションが苦手な人は相手に興味をもてていない。原因はそれだけ。

この根本的な原因を解決する方法として提案するのが、「実際に合う前にいろいろ想像してみる」という考え方だ。

たとえば友人Aの友人B(つまり私にとってBくんは初対面)と三人で遊ぶことになったら、事前にいろいろと「考えてみる」のだ。
「どんな人だろう、イイ奴だろうか?」
「仕事は何をしている?そのきっかけは何なんだろうか」
「趣味は何だろう?インドアかアウトドアか」

なんでもいい、とにかく考えてみる。もちろん答えは出ない。
答えが出ないことが一番のポイント。理由は「人間の脳は空白を嫌う」ようにできているから。
たとえば相手がいきなり「そういえばさぁ・・・なんでもないわ」と話すのをやめられると「何言おうとしたん?」とかなり気になってしまう。
これは聞き手の頭に「相手が何を話そうとしたのか?」という疑問が残ったままなのが気持ち悪いので、それを解消しようと話の続きが気になってしまうのである。実はたいしたことのない話だったとしても、疑問は晴れるので聞き手はすっきりする。

つまり、相手についてアレコレ考えると「答えのない疑問がたくさん頭に残る」ことになる。
すると脳は「答えがわからないのが気持ち悪いので回答を得ようとする」、つまり「知りたい」と思うようになる。
知りたいという気持ちは、興味以外の何物でもない。

まとめると
「会う前に相手を想像すると疑問だらけになり、知りたいという欲求が高まるので、自然と興味をもって質問できるようになる」
ということなのである。

ちなみに質問をしてきた相手が場をつなぐためにとりあえずした質問と、純粋な興味から放たれた質問、答えたくなるのは後者ではないだろうか。
つまりおなじ「質問」でも「温度」が違えば話し手の反応は変わるのである。
テキトーな質問にはテキトーに答えるし、熱意のある質問には熱意をもって答えたくなるのが人間の性なのだ。

なので「相手のことを考えて興味をもって質問できる状態」で相手と会話をするというのは、相手のトークに熱が入り盛り上がる可能性も高まるという、まさに一石二鳥な考え方なのである。







posted by TZ at 11:31 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

説得力のある話を組み立てるためには「結論に対する理由をとりあえず10個」あげてみよう



人に話をして説得したいとき、目的は大きく分けて2つある。
一つは「考えを改めてもらいたい」。2つ目は「人に動いてもらいたい」ときだ。
そのためには話の説得力が必要不可欠。ではどうすれば説得力が増すかというと「どれだけ理由に納得できるか」、ここがポイントになる。

なぜ理由が必要か?
人は結論だけでは納得しないからだ。親に「勉強しなさい」と言われてすぐに納得する子はほとんどいないだろう。
子供は「なぜ勉強をしなければいけないのか?」という理由を求める。
そこで親が「いいから勉強しなさい!」と押し通せば、無事に勉強嫌いの人間が生まれるというわけだ。
つまり人が動くには説得力のある理由が必要になる。

どんな理由が必要か?
明確な理由が3つあれば、結論を支える柱としては十分な役割をもつだろう。1つだけではよっぽど優れた理由でなければ反論されやすく、また納得されにくい。
大切なのはえりすぐりの3つの理由であること。適当な理由をいくら並び立てても人は納得しない(屁理屈など)

どうすれば説得力を高められるか?
ここでタイトルを回収する。
「結論に対する理由をとりあえず10個あげてみること」。

先ほどの「勉強をしなさい」という結論に対する「なぜ勉強しなければいけないのか?」という疑問を納得させるための理由をとりあえず10個目標に書き出してみよう。とりあえずなのでどんな理由でもいい

1 勉強していると将来の選択肢が増えるから
2 宿題をしておかないとまとめてやらないといけないから
3 頭のいいひとはモテる(かもしれない)から
4 視点が増えるから
5 世の中は頭のいい奴が悪いやつをだますようにできているから
6 勉強してないと〇〇さんみたいになるから
7 大人になって楽になるから
8 単純に楽しいことだから
9 お金持ちになれる可能性が高まるから
10 とりあえず親の言うこと聞いとくもんだから

誰にそれを伝えるのか?
メッセージを伝える対象を明確にする。誰に伝えるか?で選ぶべき理由はおのずと変わってくるからだ。
例えば「中学生のこども」に伝える3つの理由を選ぶとするならば、1、2、9あたりを選んでみる。

「勉強をしなさい」
「なんで勉強しなくちゃいけないの?」
「(1)知っていることがたくさんあると、将来何にでもなれるよ」
「何にでも?」
「そう。例えば、食べ放題のお店で、食べられる種類が少なかったらいやじゃない?」
「それはやだな」
「なんでもたくさん選べて、その中から好きなものを選べた方がいいでしょう?たくさん知識があれば、行きたい学校に行けたり、やりたい仕事を自由に選べるようになる」
「そんなもんなんだ」
「(9)ビルゲイツやスティーブジョブズ、孫正義はみんな読書家で、やりたいことをしてお金持ちになってるよ」
「みんな本を読んでるんだね」
「(2)それに、今やるべき宿題やっておかないと、あとでまとめてやることになるよ」
「わかった、やるよ」

勉強と宿題を同列に語るべきでないとか、こんな素直な中学生は地球上どこを探してもいないなどというコメントはご遠慮願いたい。
あくまで一例。

まとめ
・主張や結論に説得力を持たせるには3つの「優れた理由」が必要
・理由の質を高めるために、とりあえず10個の理由を書き出し3つに厳選する
・選んだ理由の順番を組み替えたり具体例を用いることで説得力を高める




続きを読む
posted by TZ at 09:09 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

コミュニケーション前の準備体操「脳を疑問モードにする」

コミュニケーションのきっかけはやはり「質問」だろう。

人とうまく会話できない、盛り上がらないとき、私が思い当たるのは
「聞きたいことがない(何を聞いたらいいかわからない)」
であることが多い。

まったく異業種の人間と会話することになったとき、相手の職業について知らなさすぎると疑問すら沸かないことがある。
それはもう情けないくらいに「あーなるほど」で会話に終止符を打ってしまう。
疑問すら沸かないというのはカンタンな話、相手に興味がないのである。

これは相手に失礼な話だ
何も尋ねないということは「あなたに興味がありませんよ」と無言でメッセージを発しているのと同義。
たとえそういうつもりじゃなかったとしても。

どこかでこんな言葉を見かけたことがある。
「知性とは知識量ではなく、疑問を持つことである」と。
その通りだと感じた。不思議に思ったこと、疑問に感じたことは調べる。すると知識が増える。

コミュニケーションで大切なことは「相手に興味を持って質問すること」
相手に興味をもつためには普段から「疑問をもつこと」
疑問を持つには、脳を「疑問モード」にすることだ。
続きを読む
posted by TZ at 12:59 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

トーク力とユーモアセンスの向上に役立つ『連想ゲーム』について

4431896656_56d2908af7.jpg

トーク力とユーモアセンスを磨きたいのなら、連想ゲームをやるとヨロシ。
続きを読む
posted by TZ at 18:02 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

人間関係に必要なのは「ありのままの姿見せるのよ」のレリゴー精神である

「なぜか人に好かれる人」の11の法則

ミシェル・ティリス・レーダーマン 日本経済新聞出版社 2012-03-23
売り上げランキング : 408576
by ヨメレバ

人間関係に悩みがつきないのは、自分自身を偽っているからではないだろうか。
嫌われないために、集団に波風をたてないように、過剰なまでに人に好かれようとするがために、人間関係に疲れてしまう。
どうすればその悩みは解消されるのか。その答えは有名な曲のワンフレーズにある。

「ありのままの姿みせるのよ ありのままの自分になるの」続きを読む
posted by TZ at 19:02 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

目を見て話すのが苦手なアナタに伝えたい、たった2つのウラ技

8094491498_16ac3672b2_b.jpg

自然なアイコンタクトが多いほど、人と人は親密になっていく。
これは疑いようのない事実である。目は口ほどにモノを言うし、心をうつす窓だとも例えられてきた。
ラブラブなカップルは絶えず互いの目を見つめあっているし、信頼するパートナーならアイコンタクトだけで意思疎通をはかることができる。一目ぼれをするとき、人は相手の眼を5秒〜7秒ほど見つめているのだそうだ。

ちなみに、人は好きなものを見ると瞳孔が開く。
薄暗いレストランやバーがデートスポットに選ばれる理由をご存じだろうか。それは、人は暗い所にいると瞳孔が開くから。「暗いから瞳孔が開いた」のか「好きだから瞳孔が開いた」のかが分からず、目の前に居る人が魅力的に見えてしまうからなのだ。

目は、人の心理に深く関連しているということだ。これを逆手に取れば、意図的に相手の目をみつめるほど親密になれるということなのだが・・・・・・。続きを読む
posted by TZ at 14:15 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方

たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方―“初対面の女王”が明かす

美月 あきこ ダイヤモンド社 2010-05-28
売り上げランキング : 285293
by ヨメレバ


初対面で自分を知ってもらうのはとてもむずかしいことだ。
わたしの場合だと、初対面で緊張してしまうせいか、仲良くなるのに時間がかかってしまうことが多い。
それが逆に功を奏すのか、「寡黙だと思ってたのに意外とお前おもろい」と言ってもらえることは、ままある。しかしそれは、長い事付き合える環境(たとえばクラスや部活)で、私が「慣れ」てきてからのお話。スロースターターにもほどがあると、常々考えていた。

初対面での印象が、今後の付き合いに影響がする場面はたくさんある。
たとえば交渉先とのあいさつ。合コンやパーティー。出会いがしらに相手の心をつかむことはできないものだろうか・・・・・・。

そんなわたしにいくつかのヒントを与えてくれたのが、『たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方』という本だ。続きを読む
posted by TZ at 22:40 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

おしゃべりを楽しみたいあなたがやっておくべき、たった一つの習慣。


ある女性と街をブラブラしながら、「ヒマだからカフェにでも寄っていこうか?」と提案したときに言われた一言が今でも忘れられない。
「いいけど、何か話すことある?(笑)」
別に彼女は悪意をぶつけようとしてきたワケではない。それは声のトーンや表情でわかった。
仲が良く、普段から頻繁にLINEを通じて近況報告を交えたコミュニケーションをしているからこその発言だったのだろう。
しかしだな。たかだかLINEをしている程度で話題が尽きるなんて情けない話じゃない?「たしかに話すことあんま無いな」と思ってしまったことが更に情けなくて。

あれ?私の話の引き出し、少なすぎ?

「どうしたら常に話題を提供できるようになれるだろうか」と考え、閃いた方法。それは

続きを読む
posted by TZ at 23:00 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

会話力・トーク力をつけたいのなら、ラジオを聴くべきかと私は思うのです


何かを上達させたいのなら、それを上手にこなせる人をマネするのが一番。
最近わたしが「もっと上手くなりたいなぁ」と思っているのが会話で、「笑わせる話術」や「相手の話を盛り上げる方法」を知りたくてバラエティ番組を観まくっていた時期があった。
たしかに、テレビで演者さんたちが見せる当意即妙のやりとりを勉強するというのも良いんだけど、話術、ひいては会話力を高めるもっと良いお手本を見つけまして。それは深夜ラジオ。続きを読む
posted by TZ at 20:37 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

「とんでもございません」「おやりになる」間違った敬語があなたの評価を下げている?

california-macys-store-472465-h.jpg

「最近の若者は・・・・・」
ゆとりゆとりと、無条件に若者を責める際に使われる常套句。この言葉をさかのぼること数千年。古代エジプトの遺跡には、「最近の若いのはなってねぇ。ワシの若いころは」という意味の象形文字が残されているという。いつの時代も、変わらないものなのね。

なぜ、若者は「無能」と蔑まれ続けるのか。ひとつに「言葉遣い」があげられるでしょう。年長者たちは、長い年月をかけて仕事と「ビジネス敬語」を習得しています。互いの立場や状況にあわせて言葉を変えられない若者は、どうしても頼りなく見える。いいかえれば、話し方ひとつで評価は一変するものなのです。

『頭がいい人の敬語の使い方』という本をを読みました。その中からおもしろかったポイントをピックアップし、シェアしたいと思います。続きを読む
posted by TZ at 22:12 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...