2015年01月09日

トーク力とユーモアセンスの向上に役立つ『連想ゲーム』について

4431896656_56d2908af7.jpg

トーク力とユーモアセンスを磨きたいのなら、連想ゲームをやるとヨロシ。
続きを読む
posted by TZ at 18:02 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

人間関係に必要なのは「ありのままの姿見せるのよ」のレリゴー精神である

「なぜか人に好かれる人」の11の法則

ミシェル・ティリス・レーダーマン 日本経済新聞出版社 2012-03-23
売り上げランキング : 408576
by ヨメレバ

人間関係に悩みがつきないのは、自分自身を偽っているからではないだろうか。
嫌われないために、集団に波風をたてないように、過剰なまでに人に好かれようとするがために、人間関係に疲れてしまう。
どうすればその悩みは解消されるのか。その答えは有名な曲のワンフレーズにある。

「ありのままの姿みせるのよ ありのままの自分になるの」続きを読む
posted by TZ at 19:02 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

目を見て話すのが苦手なアナタに伝えたい、たった2つのウラ技

8094491498_16ac3672b2_b.jpg

自然なアイコンタクトが多いほど、人と人は親密になっていく。
これは疑いようのない事実である。目は口ほどにモノを言うし、心をうつす窓だとも例えられてきた。
ラブラブなカップルは絶えず互いの目を見つめあっているし、信頼するパートナーならアイコンタクトだけで意思疎通をはかることができる。一目ぼれをするとき、人は相手の眼を5秒〜7秒ほど見つめているのだそうだ。

ちなみに、人は好きなものを見ると瞳孔が開く。
薄暗いレストランやバーがデートスポットに選ばれる理由をご存じだろうか。それは、人は暗い所にいると瞳孔が開くから。「暗いから瞳孔が開いた」のか「好きだから瞳孔が開いた」のかが分からず、目の前に居る人が魅力的に見えてしまうからなのだ。

目は、人の心理に深く関連しているということだ。これを逆手に取れば、意図的に相手の目をみつめるほど親密になれるということなのだが・・・・・・。続きを読む
posted by TZ at 14:15 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方

たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方―“初対面の女王”が明かす

美月 あきこ ダイヤモンド社 2010-05-28
売り上げランキング : 285293
by ヨメレバ


初対面で自分を知ってもらうのはとてもむずかしいことだ。
わたしの場合だと、初対面で緊張してしまうせいか、仲良くなるのに時間がかかってしまうことが多い。
それが逆に功を奏すのか、「寡黙だと思ってたのに意外とお前おもろい」と言ってもらえることは、ままある。しかしそれは、長い事付き合える環境(たとえばクラスや部活)で、私が「慣れ」てきてからのお話。スロースターターにもほどがあると、常々考えていた。

初対面での印象が、今後の付き合いに影響がする場面はたくさんある。
たとえば交渉先とのあいさつ。合コンやパーティー。出会いがしらに相手の心をつかむことはできないものだろうか・・・・・・。

そんなわたしにいくつかのヒントを与えてくれたのが、『たった1分でうちとけ、30分以上会話がつづく話し方』という本だ。続きを読む
posted by TZ at 22:40 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

おしゃべりを楽しみたいあなたがやっておくべき、たった一つの習慣。


ある女性と街をブラブラしながら、「ヒマだからカフェにでも寄っていこうか?」と提案したときに言われた一言が今でも忘れられない。
「いいけど、何か話すことある?(笑)」
別に彼女は悪意をぶつけようとしてきたワケではない。それは声のトーンや表情でわかった。
仲が良く、普段から頻繁にLINEを通じて近況報告を交えたコミュニケーションをしているからこその発言だったのだろう。
しかしだな。たかだかLINEをしている程度で話題が尽きるなんて情けない話じゃない?「たしかに話すことあんま無いな」と思ってしまったことが更に情けなくて。

あれ?私の話の引き出し、少なすぎ?

「どうしたら常に話題を提供できるようになれるだろうか」と考え、閃いた方法。それは

続きを読む
posted by TZ at 23:00 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

会話力・トーク力をつけたいのなら、ラジオを聴くべきかと私は思うのです


何かを上達させたいのなら、それを上手にこなせる人をマネするのが一番。
最近わたしが「もっと上手くなりたいなぁ」と思っているのが会話で、「笑わせる話術」や「相手の話を盛り上げる方法」を知りたくてバラエティ番組を観まくっていた時期があった。
たしかに、テレビで演者さんたちが見せる当意即妙のやりとりを勉強するというのも良いんだけど、話術、ひいては会話力を高めるもっと良いお手本を見つけまして。それは深夜ラジオ。続きを読む
posted by TZ at 20:37 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

「とんでもございません」「おやりになる」間違った敬語があなたの評価を下げている?

california-macys-store-472465-h.jpg

「最近の若者は・・・・・」
ゆとりゆとりと、無条件に若者を責める際に使われる常套句。この言葉をさかのぼること数千年。古代エジプトの遺跡には、「最近の若いのはなってねぇ。ワシの若いころは」という意味の象形文字が残されているという。いつの時代も、変わらないものなのね。

なぜ、若者は「無能」と蔑まれ続けるのか。ひとつに「言葉遣い」があげられるでしょう。年長者たちは、長い年月をかけて仕事と「ビジネス敬語」を習得しています。互いの立場や状況にあわせて言葉を変えられない若者は、どうしても頼りなく見える。いいかえれば、話し方ひとつで評価は一変するものなのです。

『頭がいい人の敬語の使い方』という本をを読みました。その中からおもしろかったポイントをピックアップし、シェアしたいと思います。続きを読む
posted by TZ at 22:12 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

ムカつく相手を一発で黙らせる5つの会話テクニック

openmouth_angry_party_731861_h.jpg
あなたの周囲にムカつくやつはいないだろうか?いやたぶん、いや絶対にいる。
大人になると、若かったあのころのように肉弾戦に持ち込むことがむずかしくなってくる。女性の場合はとくにそうだ。
オトナにはオトナのスマートなやりかたというものが存在するのだ。やられたら倍返し!ではない。

ムカつく相手を一発で黙らせる。

そんなことができたら毎日がどれだけ生きやすくなるか。
今回紹介するテクニックは決して「目には目を」で当意即妙に毒舌で切り返すというものではない。相手の勢いを借りて、それを受け流す。まさに柔よく剛を制す技である。

今回は『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術』という本から、5つのテクニックをピックアップし、要約してご紹介。続きを読む
posted by TZ at 20:14 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

あなたの存在感を際立たせる「話し方」をするために覚えておきたい4つのテクニック

file0001651001932.jpg

あなたは自信をもって「私の話し方には周囲を動かす力がある!」と言い切れるだろうか。

人の印象は話し方でずいぶんと変わってくる。
あなたが周囲にナメられているとすれば、それは話し方に問題があるか、人間として根本的にゆがんでいるかのどちらかが原因だろう。
話し方さえ変えれば、あなたを見る周囲の目はきっと変わる。たぶんね。たぶん。

ということで今回は『ハーバード流「話す力」の伸ばし方!』から学んだ”パワートーク”を抜出し要約してご紹介。





続きを読む
posted by TZ at 22:44 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

気になる相手とあと一歩先へ進みたいあなたに伝える3つのテクニック。

8217278907_9100ee3dc7_b.jpg
お互いの気持ちあっての恋愛。

うーん、デートは何度か重ねたものの、手ごたえは・・・あるような・・・ないような。相手の気持ちがよく分からん・・・。
そんな、「一歩先へ進みたくてしかたない」あなたに送る、3つのテクニック。

これらを駆使すれば何らかの”手ごたえ”をつかめるようになるかもしれない。続きを読む
posted by TZ at 22:19 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...