2015年01月24日

【映画】二日酔いには気をつけようね。『ハングオーバー!』を鑑賞


「ハングオーバ−」とは
二日酔い。また、後遺症。(goo辞書)

二日後に結婚式を控えているダグは、男友達3人と独身最後の夜をラスベガスで満喫する。はずだった。
しかし彼らを待ち受けていたのは史上最悪の「二日酔い」。散々な荒れ放題となったスイートルームで目覚める三人は、少しずつ事態の深刻さに気付き始める。ダグは失踪し、部屋には見知らぬ赤ん坊と生きたトラが。残った三人の中には「歯が抜けていた」者もいる。
三人は揃って「前日の記憶」がなくなっていた。消えたタグと、失った記憶の真相を探るべく奮闘する3人を描いたコメディ映画。続きを読む
posted by TZ at 23:47 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

【映画】シュワちゃんがんばれ映画『ラストスタンド』を鑑賞

ラストスタンド [DVD]




シュワちゃんが10年ぶりにアクション映画に復帰した作品ということで話題となった『ラストスタンド』を鑑賞。
アクション俳優は肉体で演技をする生き物である。自然の摂理で、歳を重ねれば重ねるほど動きにキレがなくなっていく。それは仕方のないことだ。それとどう向き合っていくかを考えなければならないのはアスリートと通ずる部分がある。
シュワちゃんは、この作品で「現役を退いた保安官」を演じることで、その老いとブランクを逆手にとることに成功した。おじいちゃんになったシュワちゃんも、なんだかんだで強そうで安心するんだよな。おかえりシュワちゃん。続きを読む
posted by TZ at 22:49 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

【映画】漢だ!アクションだ!!『エクスペンダブルズ2』だ!!!

エクスペンダブルズ 2 (期間限定価格版) [Blu-ray]




各方面で活躍しているアクションスターが一同に会して大暴れする、『大乱闘スマッシュブラザーズ』的なオールスタームービー、『エクスペンダブルズ2』を鑑賞。
続きを読む
posted by TZ at 22:04 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

【映画】「ベイマックス」を観てきたよ。まさか映画で泣かされるとは。


数年ぶりに、映画を観て泣いてしまった。
メガネの上に3Dメガネをかけて、涙でレンズを曇らせているサマはマヌケとしか言いようがない。
想像以上に良くできていた素敵な映画で、年末にいいものを観させてもらったな〜と感動した。ベイマックスかわいい。続きを読む
posted by TZ at 18:18 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

【映画】もしもスカーレット・ヨハンソンが全知全能になったら。『LUCY』


仲の良い女性に誘われて(ここ重要)、映画『LUCY』を鑑賞してきた。
感想の結論から言うと、「どうしても気になるならばレンタルで十分」といったところ。
わたしのように、予告編をみて「超能力バトルアクションモノや!」と期待している人にはなおさらオススメできません。記事のタイトルのように、この映画は「もしもスカーレット・ヨハンソンが全知全能になったら」という、大金を投じた壮大なコントでしかないから。
続きを読む
posted by TZ at 21:37 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

【映画】人にオススメできない名作『凶悪』を観た。本当に凶悪だった。



いろんな映画を観ていると、必ず一度は観たことを後悔するような作品に出会う。
そういった作品は、その作品を選んだ自分自身に反省を科してしまうのがほとんどだけど、『凶悪』は違った。こんな映画見なけりゃ良かったとすら思う。でもこれを観ようと思った自分は間違っていなかった。
文字通り「凶悪」な映像作品であり、鑑賞後に気分を落とさずにいられる人は居ないはずなのに、なぜか後味は悪くない。
口に含むときは苦いけど、体調は良くなってくる妙薬、もしくは劇薬のような作品でした。続きを読む
posted by TZ at 21:46 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

【映画】「るろうに剣心 伝説の最期編」を一人でじっくり味わってきた



鑑賞後、緋村剣心を演じられるのは佐藤健をおいて他にはいないと確信した。
よく考えてみればただのコスプレムービーでしかないのに、ここまで説得力が生まれるのは何故か。
監督の手腕と、演者たちの演技力、観るものを圧倒する驚愕のアクションシーン。架空の人物に血肉を与えた制作陣に感服した。最高だったぜ、るろうに!

続きを読む
posted by TZ at 13:39 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

【映画】スタントマンの安否が気になる過激アクション「七人のマッハ!!!!!!!」を観ました。



大丈夫なんかコレ・・・・・・?
と、引いてしまいそうになるほどにド派手なアクション満載のタイ映画「七人のマッハ!!!!!!!」を鑑賞。制作チームの危機管理能力を疑ってしまいそうになるギリギリのガチ・アクションを堪能させていただいた。
タイ発のアクションスター、トニー・ジャーが「人間の限界値に到達したぞ」と言わんばかりの美麗なアクションを披露したのにたいして、本作ではスタントマンが「これ以上やったら死んでしまうぞ」と言わんばかりのやられリアクションを披露する。もはや主人公たちのアクションよりも、スタントマンの安否が気になってしまうほどに。まさか映画をみて人間の安否を本気で心配してしまうとは・・・・・・。続きを読む
posted by TZ at 00:42 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

『るろうに剣心 京都大火編』が、観客の期待を予想以上に軽く飛び越えてきた件。


先日、友人と共に『るろうに剣心 京都大火編』を鑑賞してきた。二年前に公開された前作も、彼と一緒に観ている。本作の進化を確かめ合うには、彼をおいて他には居なかった。
前作を観て「日本発アクション映画でここまで興奮できるのか」と大満足しただけに、期待値はデカイ。

結論、「なにこれチョ−カッコイイwwwwwwwwww」続きを読む
posted by TZ at 22:56 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

リアリティを追求するため、同じシーンを127回撮影したという映画『シャイニング』を観た

by カエレバ


妻役の女優シェリー・デュバルが、狂気に満ちた夫に追われるシーンで、
キューブリック監督は、わざと何度もNGを出し、同じシーンの撮影を
繰り返しました。
その撮影回数はなんと、127回で、ギネスブックにも載るほど。
そして、シェリーを「絶望」へと追い込み、こんなリアルなセリフを生み出しました。
「頭が混乱して…」

名作映画にまつわる雑学

人間ってこわいな系ホラームービー。
心霊系は拒絶反応が出るくらい苦手(というよりムリ)だけれど、人間がコワイ系は大好きなので観てみた。
結論から言いますと「演技は凄いけど映画そのものはあまりおもしろくない」。
ジャック・ニコルソンのマジキチ演技がシャイニングしすぎている怪作。続きを読む
posted by TZ at 23:07 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...