2014年10月29日

自分をホメればすべてがうまくいく

自分をホメればすべてがうまくいく―夢をかなえ、幸せをつかむ「セルフ・コーチング」術

藤山 勇司 実業之日本社 2006-04
売り上げランキング : 164529
by ヨメレバ


突然ですが、なぞなぞです。
生まれた時から死ぬときまでずっとそばにいて、誰よりもあなたの事を知っている人ってだーれだ?
答えは、あなた。つまり、自分のことである。

命ある限り、わたしはわたしを生きなければならないし、あなたはあなたであり続ける必要がある。
わたしという存在を常に支えてくれているのは、自分なのだ。
そんな自分を、責めてはいないだろうか。いじめてはいないだろうか。

「どうして俺はいつもこうなんだ・・・・・・」
「私ってホント馬鹿」

自分の事を責めてしまいたくなる時もあるだろう。しかし、過剰に自分を貶めている自分はいないだろうか?

本書には、自分を大好きになれるカンタンな方法が書いてある。タイトルの通り、自分をホメればいいのだ。
自分をホメるなんて、キモチワルい。そう感じたとしたら、それは一種の危険信号かもしれないよ。それは別に、鏡を見て「オレってホントにうつくしい」と呟くとか、そういうことではないからね(別にそれも、抵抗が無いならやっていいと私は思う)。

一日、眠る前に「今日も仕事をした。よく頑張ったね」と自分をホメてあげればいい。
わたしの場合、「あえて学校に行かないという選択をした俺カッコいい」くらいの勢いで、どんな自分もホメている。
「ギャグが滑っても堂々としている俺ってデカいな」「俺が歩くときの姿勢って実は美しいんだよね」

最初は抵抗があるだろうけど、一日だけ、「自分を褒めちぎる一日」をつくってみてほしい。些細なことでも、どんどんホメる。失敗した自分もホメる。不安に押しつぶされそうな自分すら、ホメる。

すると、すこしずつ、自分が好きになれる。自分が好きになれると、退屈だった毎日が少しずつ楽しくなる。失敗することがさほど気にならなくなって、少しずつ積極的になっていく自分を実感できるようになる。

自分をホメる「褒め日記」をつけるのも良い。
人生を楽しんでいる人は、例外なく自分の事が大好きな人だ。自分が好きだからこそ、毎日が楽しくなるということでもあるが。

誰にも褒められないのなら、自分を褒めてやりゃいい。だまされたと思ってやってみて。


posted by TZ at 20:12 | Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...