2014年11月29日

がんばることをやめると、本来の自分を取り戻せるようになる


何かを達成するために、頑張る必要はない。
人間が最も力を発揮できるのは、ほどよく緊張しながらリラックスしている状態なので、「ガンバル」という余計な力みは本来の力が出せなくなる原因になる。「アガり」がその典型的な例。うまくやろうとする気持ちが高ぶって交感神経が優位になると、呼吸が浅くなり極度の緊張状態になってしまう。前もって準備したのなら、次にやるべきなのは意識的にリラックスすることだ。続きを読む
posted by TZ at 23:28 | Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

【読書感想文】理不尽からの逃走。『ゴールデンスランバー』を読了

ゴールデンスランバー

伊坂 幸太郎 新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 121425
by ヨメレバ


やってもいないことを「おめえがやったんだろうがよ」と責めたてられ、そんな事を言ってくるやつ等から命からがら逃走するお話。続きを読む
posted by TZ at 23:43 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

カラオケ

image-399a2.jpg
博多駅のシダックスは、男性会員限定「メンズデー」を利用することにより、ワンオーダー制で室料を二時間無料で利用することができる。

久々に行って、なかなかの高得点が出た。森山直太朗さんの裏声の凄さを改めて実感するね。血の強さと努力の結晶なのだろう。
posted by TZ at 18:17 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

【美肌】お肌に良くない習慣「入浴後にタオルでゴシゴシ」をやめてみた結果

5970249937_5ffdc2a965.jpg


お肌弱い系男子であるわたしの、最近の気付きをシェアしたい。
テーマは「美肌」。自分は今まで、肌に相当な負担をかけていたようだ。
続きを読む
posted by TZ at 18:17 | Comment(0) | 美容とか健康とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

読書家という生き物の凄さは、その興味範囲の広さにある


明日、大学のゼミナールにて、自分で選び読んだ新書をみんなに説明しなければならないという最高のイベントがある。その本がどのような内容で、何を学び、どう結論づけたか。それを30分、一人で話さなければならない・・・・・・(ホントヤダ)。

わたしは心理学を専攻しているので、選ぶ新書のテーマは心理学に絞られる。「心理学」と一言でいっても、その分野と流派は様々なので、「心理学の中から興味のある分野」を探さなければならない。
図書館の中でなんとなく手に取ってみた本が「ことばの心理学」という本なのだが、これがびっくりするくらい頭に入ってこない。自分で選んでおいてなんだけど、興味をもてないの。読書が好きな私でも、読むのが辛い本というのはたくさんあって、「俺は本当に狭い狭い範囲で読書をしとるんやなぁ」ということを実感した次第である。

そこでふと思ったのが、「読書家って、なんであんなにいろんなジャンルの本を読めるのだろう」という素朴な疑問だった。続きを読む
posted by TZ at 22:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

記念すべき365記事目は

この記事が365記事目の記事。なんか変な文章。
1日1記事換算で、ようやくこのブログが一周年を迎えたということになる。一時期アクセス数が右肩上がりしたことを良い事に、「夏休み」をしたところ、当たり前のようにアクセスはガタ落ちした。検索エンジンにそっぽを向かれるとブロガーという生き物は焦る。
「一度失った信頼を取り戻すことは難しい」ということを、人間関係ではなくバーチャルの世界で学んだ。最近は改心し、なるべく毎日更新するようにしている。

そんなわたしがわたしに向けて描いた一周年記念イラストがこちら



続きを読む
posted by TZ at 22:59 | Comment(0) | イラスト・落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

地震


福岡はとくに揺れはありませんでしたが、かなり広範囲に揺れが観られたみたいですね。
引き続きお気を付け下さい。
posted by TZ at 23:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

【絵の上達】いつでもどこでも絵を描くトレーニングはできる


昨日の記事から引き続いて、絵の上達にまつわるヒントを自分のために書きおく


続きを読む
posted by TZ at 23:03 | Comment(0) | 集中力を養う方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

【イラスト上達】アウトプット力を鍛える「思い出し模写」がなんか良さげ


絵を上手く描くためには、兎にも角にも「量をこなす」ことが前提として必要だと思う。
教本や小手先のテクニックをいくら頭で学んだとて、熟練された絵描きの見せる線のうつくしさや色彩感覚には敵わない。
しかし、がむしゃらに量をこなすよりは、それなりに「質」も意識しておきたいところである。
イラストを描くため、ひいては物事の上達に必要なのは、インプットとアウトプットの繰り返しであることを考えると、どうやらわたしはインプットに力を置きすぎていたようだ。そっくりそのまま、対象をみて紙上に再現することばかりやっていた。

模写は、観察や構造理解を手助けしてくれるインプット作業。
インプットした知識量が、リアリティのあるイラストをかくための基礎となる。しかし、正確なだけのイラストはどことなくおもしろみや魅力にかける。それぞれの個性や嗜好、世界観が一枚の画像から滴り落ちてくるような独自のイラストを描くためには、想像力と、頭のなかに構築した世界を紙に吐き出す回路を鍛えなければならない。続きを読む
posted by TZ at 23:27 | Comment(0) | イラスト・落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

お金や恋愛願望実現を阻むブロックをぶっこわせ

ホ・オポノポノ ライフ ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる (講談社+α文庫)

カマイリ・ラファエロヴィッチ 講談社 2014-10-21
売り上げランキング : 7116
by ヨメレバ

人間の心には「顕在意識」と「潜在意識」の2つが存在する。
心の中でその2つが締める割合は、顕在意識1:潜在意識9。人間の行動のほとんどは、無意識に行われている。たとえば、指摘されて初めて自覚する癖(貧乏ゆすりや爪を噛む等)や、毎日通学・通勤する時など。貧乏ゆすりをしよう!と考えてやっているワケでもないし、いちいち、「次はここを右に曲がって○○駅まで行って・・・・・・」とアタマで意識しなくても勝手に目的地までたどり着けるのは、それが習慣として無意識にインプットされているからである。

願望を実現するために必要とされているのが、頭(顕在意識)に浮かんだ願望を潜在意識へインプットするという工程であり、それは目的地を明確にするということでもある。ゴールが分かれば、潜在意識が目的地にたどり着くための道筋やヒントを自動的に拾い集めてくれるため、願望が叶いやすくなるのだ。

たとえば、自分のパソコンが壊れて困っていると、チラシや雑誌に載っているパソコンの情報が良く目につくようになる。これは、潜在意識に「パソコンが壊れて困っているから、これを解決しなければならない」という情報がインプットされ、脳みそが「検索モード」に入った証拠である。

願望の実現も同じで、たとえば「月収を今の10倍にしたい」という目標を何らかの形で明確にしたならば、潜在意識が目標を達成しようと頑張ってくれる・・・・・・とは限らないこともある。やっかいな「ブロック」が心の奥底に断固として存在しているからだ。続きを読む
posted by TZ at 23:03 | Comment(0) | 願望実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。