2018年02月02日

敵と味方を分けるのは「与えるか」「奪うか」の違いだけ

6436589027_262708b7d9_b.jpg

映画やドラマをみていてふと思う。
「善人と悪人、説明されなくてもわかるのはなぜだろう?」

ナレーターに「主人公にとって、この人は仲間です、この人は悪人です、」といちいち説明されなくても、それぞれの立ち位置はわかる。
ではなぜ説明されなくてもわかるのか?
人間関係において、「与える」ひとは味方で、「奪う」やつは敵だと、本能で理解しているからではないだろうか。

現実の人間関係を見ても、この図式は当てはまると思う。

たとえば自分のことをちゃんと褒めてくれるひとは「味方」だ。
それは「嬉しい気持ち」や「自信」を与えてくれるからだろう。
惜しみなく笑顔を与えてくれるひと、励ましてくれる人、万札をポケットにねじ込んでくれる人、みんな「味方だ」

では自信を奪ったり尊厳を傷つける人間は?無論「奪う」側の人間であり、敵になる。

「与える」「奪う」というのは人間の根源的な行動なので、本能でそれを察知するのだろう。食料を奪われれば命の危機に瀕する。奪おうとする人間は命を脅かす敵だからだ。

人間関係をこじれるのも、「与える」という視点が欠けてしまった時に起きるのでないだろうか。

恋愛であれば「見てほしい」「関心を持ってほしい」「愛してほしい」「構ってほしい」といった感情が沸き起こる。
もちろんこれは悪いことではないのだが、「相手から与えてほしい」という気持ちに傾きすぎると、かならずどちらかが耐えられなくなる。欲しがるということは、相手から何かを奪おうとしていることに他ならないからだ。

恋愛を含め、大切なのは「先に与える」の気持ちなのだ。
「おいしいものを食べさせてあげたい」「笑顔にしてあげたい」「幸せにしてあげたい」相手が喜ぶ姿をみたいという気持ちがあって初めて良好な関係が築けると私は信じている。

「何かをくれたらお返ししてあげる」ではなく「先にしてあげたい」の精神。良い人間関係を築いていきたいのであれば、まずこちらから「惜しみない賞賛の言葉」や「朗らかな笑顔」を無条件に与えること。無条件に与えた時、気持ちのいい言葉や態度が返ってくる。与えたあなたは相手にとって「味方」だからだ。

人間関係がすべての基盤だ。常日頃から「先に与えること」をこころがけておきたいと私は思う。


posted by TZ at 17:14 | Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

最高。『WolfensteinU The New Colossus』が面白すぎる

個人的レビュー 100点満点中80点(めっちゃおもろい)


私がゲームに求めるのは「現実では決して味わえない爽快感」だ。
日本で銃は撃てないし、何かを爆発させるわけにはいかないし、ましては人を殺めることなど許されるはずもない。
だが『WolfensteinU The New Colossus』でならこのすべてを圧倒的な臨場感で疑似体験できる。本当に面白い。

このゲームは「マッチョが仲間といっしょに派手にナチスをブッ〇す」という一言で集約できる。
むずかしいことは考えなくていい。ただ、極悪非道のナチスに仲間を惨殺されたから、圧倒的な戦闘力で敵を壊滅させればいいだけなのだ。たとえば片手にアサルトライフル、反対の手にはショットガンの二丁拳銃で敵を消し去っていくなどして。

非常に爽快感のある戦闘、個性的なキャラクター、衝撃的展開が待ち受けるストーリーが君を待ち受けている。
では詳しく感想を書きなぐっていきたい。


続きを読む
posted by TZ at 18:51 | Comment(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

コミュニケーション前の準備体操「脳を疑問モードにする」

コミュニケーションのきっかけはやはり「質問」だろう。

人とうまく会話できない、盛り上がらないとき、私が思い当たるのは
「聞きたいことがない(何を聞いたらいいかわからない)」
であることが多い。

まったく異業種の人間と会話することになったとき、相手の職業について知らなさすぎると疑問すら沸かないことがある。
それはもう情けないくらいに「あーなるほど」で会話に終止符を打ってしまう。
疑問すら沸かないというのはカンタンな話、相手に興味がないのである。

これは相手に失礼な話だ
何も尋ねないということは「あなたに興味がありませんよ」と無言でメッセージを発しているのと同義。
たとえそういうつもりじゃなかったとしても。

どこかでこんな言葉を見かけたことがある。
「知性とは知識量ではなく、疑問を持つことである」と。
その通りだと感じた。不思議に思ったこと、疑問に感じたことは調べる。すると知識が増える。

コミュニケーションで大切なことは「相手に興味を持って質問すること」
相手に興味をもつためには普段から「疑問をもつこと」
疑問を持つには、脳を「疑問モード」にすることだ。
続きを読む
posted by TZ at 12:59 | Comment(0) | 会話・話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

「これからたぶん怒られる」ときの恐怖をすこしマイルドにする考え方

6436589027_262708b7d9_b.jpg


「怒られるのって、嫌じゃないですか?」

だれだって、人に怒られるというのはうれしくないものだ。
自分のミスが発覚し、これから親・妻・先生・上司・お客さんなどに怒られると分かってしまったときほど嫌な気持ちになる瞬間はない。本当に嫌だ。相手がどんなことを言ってくるのか......。恥ずかしいなぁ、怖いなぁ。憂鬱になるのも仕方がない。

本来、人は失敗していいのだ。ただ、失敗し怒られるのが怖いから人は挑めない。
わたしもそう!やっぱり怒られるのはイヤだし怖い!怒られるのが怖いのはあなただけではない!
「ん?だったら怒られるのが怖くないようにすればよくなくなくなくない?」

失敗の恐怖が少なくなれば行動力も上がり、何かしら人生によい影響があるのではなかろうか?

あるとき、これから話す「怒られるのが少し怖くなくなる方法」を思いついてやってみたところ、それなりの効果を実証してきた(つまり何度も怒られた)ので、書いてみたいと思う。

では、心のクールポコが「やっちまったなぁ!」と叫んだとき、私が実践している方法を紹介したい。

概要としては、今から怒られる!というときに、心構えとして「あるイベント」を作り出しておく。
そうすれば、「怒られる瞬間」が、ただの確認作業になる。必要以上に恐れたり、自尊心が傷ついたりすることを防げる。
乗り越えたあとは、反省し、ミスを繰り返さないことを誓うこと。

ではどうすれば怒られることを必要以上に恐れずにすむようになるのか?
続きを読む
posted by TZ at 10:07 | Comment(0) | 思考法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

引き寄せの法則で願望を実現できていない人はそもそも〇〇ができていないのではないか?という推測

引き寄せの法則なるものがある。
ざっくり説明すると「幸せなことを考えていたら幸せなことが現実に起きるよ」みたいなアレである。詳しくはググってくれ。

ネットには「引き寄せなんてありえない、俺は叶わなかった」「彼との復縁を願って必死にイメージングしてたけど結局かなっていません」みたいな書き込みであふれている。
「やっぱりただのインチキ宗教じゃないか」と切り捨てるのは簡単だが、わたしはそうではないと思う。
引き寄せの法則は存在する、ただしこれを根本から間違えてとらえている人が多すぎるのだ。

この根本の考え方、前提を修正すれば、引き寄せの法則というのは誰でも使いこなすことができると私は考えている。法則には再現性がなければならない。誰にでも差別なく重力が働いているように、引き寄せの法則は誰にでもあてはまる。しかしどこかで間違えていれば法則はたちまち破綻する。

では、願望がかなわない人(あなた)は引き寄せの法則の何を誤解しているのか?
続きを読む
posted by TZ at 10:41 | Comment(0) | 思考法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...